人気ブログランキング |

ちいさなチカラ

【毎日更新】エイズキャリア、膀胱麻痺を含む、黒猫・キジ白のごきげんさん日記


by 咲 セリ
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ:猫のためにできること( 3 )



猫と暮らしたいと思ったら、どうされるでしょう?
ペットショップに行く?
ブリーダーを探す?

私は、できることなら、助けを求めている命がいないか、身近な場所で探してもらえるとうれしいなと思います。
28年度45574匹の猫が、殺処分を受けています(環境省調べ)。
一匹でも幸せになれる命が増えることを願ってやみません。

助けを求めている猫たちとは、こんな場所でつながれます。

・動物病院
動物病院では、保護猫の里親募集のポスターが貼られていることが多くあります。
保護主さんのことも、獣医さんが把握しているケースもあるため、スムーズな受け渡しができる可能性が高まります。

・インターネットの里親募集サイト
地域ごと、動物ごとに、検索できるシステムになっているので、忙しく外出できない方でも、お気に入りの猫と、すぐに画面上で出会うことができます。 

・譲渡会
ボランティア団体さんなどが主催し、子猫からシニア猫まで、幅広く里親を募集しています。
実際に保護猫に会うことができるので、サイトなどよりも、その子の性格などを詳しく知ることができます。
 
・里親募集をしている保護猫カフェ
保護された猫と触れ合うことのできるカフェです。
何回も行くうちに、猫も慣れてくれますし、長い目でぴったりの子と出会うことができます。
ただし、入場料が発生すること、譲渡には譲渡費用がかかる場合があることを承知しておきましょう。

・保護団体が行っている開放型シェルター
保護猫を集めたシェルターに、一般の方も入ることができます。
保護猫カフェと同じく、時間をかけて関係を築くことができます。
こちらも入場料、譲渡費用が発生する場合があります。

・動物愛護相談センター
動物を一時的に保護しています。(里親がみつからなかった場合、殺処分となります)
里親になるには譲渡の条件をクリアしていること。事前講習や、個別面談を受ける必要があります。
ただし、直接センターから引き出す場合、病気の有無などがわからない場合があります。引き出しのボランティアをしている団体さんから、健康診断等済みの子を譲り受けるという方法をとってもいいかもしれません。



保護された猫たちは、保護主さんにしっかり家猫修行をしてもらっていることが多く、一緒に暮らしやすいです。
悩み事があったら、保護主さんに相談もできるし、一石二鳥。

大切な命。
悲しい運命をたどらないよう、ぜひ手を差し伸べていただければと思います。


猫と暮らしたいと思ったら?_a0389088_18102600.jpg


イラスト・MARU
http://marucat.blog.jp
by sakiseri | 2016-12-31 15:27 | 猫のためにできること | Comments(0)

里親を探すには



猫を保護した!
だけど、家では飼えない・・・。
そんなときは、里親さんを探して、猫に第二のしあわせな人生を送ってもらえたらと思います。

保護した猫のしあわせは、里親探しにかかってきます。
「早くみつけなければ」と焦ってしまいがちですが、信頼できる里親さんでなければ、飼育放棄や虐待など、かわいそうな運命をたどることになります。
身元確認や契約書の取り交わしなど、少し面倒かなと思うくらい、時間をかけやり取りを重ねることが大切です。

・ポスターを作る
ペットショップや動物病院、また動物好きなお店など、掲載してくれる場所は各種あります。かわいい写真を大きく使い、猫の特徴や具体的な募集条件などを添え、連絡先をしっかり記しておきましょう。

・タウン誌を利用する
動物の里親募集のコーナーがある情報誌は結構多いものです。近隣のタウン誌であれば、近くに良いご縁がみつかる可能性が高くなります。

・インターネットの里親募集サイトを利用する
「いつでも里親募集中」や「ペットのおうち」など、複数の里親募集サイトがあります。
募集地域も広範囲になりますので、様々な人の目に留まる機会も多くなります。
ただし、それゆえ、里親にふさわしくない人(虐待目的の人など)を呼び寄せることもあります。良い里親かどうか、しっかりと見極めるために、次のことを厳守すると良いと思います。

(1)注意事項をしっかりと
サイトに掲載する際、応募の条件を書いておきます。厳しくするほど、軽い気持ちで応募してくる人が減ります。
(例)
・終生大切に飼育してくださる方。
・ペット飼育可能な住宅にお住まいの方。
・完全室内飼いで脱走防止対策をしてくださる方。
・定期的に健康診断をし、ワクチン、不妊手術をしてくださる方。
・定期的に近況報告をしていただける方。

(2)アンケートをとる
応募してきた方に、家族構成や住居、生活スタイル、先住猫がいるかどうかなどについて、簡単なアンケートを取ることが大切です。それを参考に、見極めていきます。
 
(3)お見合いとお届け
アンケートの回答に納得したら、まずは保護主さんの家でお見合いをしていただきます。その際、猫への接し方等、事前のやり取りではわからなかった部分も見ることができます。
無事にお見合いを終え、「この人なら大丈夫」と思ったら、必ず里親候補さんの自宅に直接お届けするようにします。
その際、必要な道具(トイレ、フード皿、ケージなど)が用意されているか、家族が全員同意しているか、猫が安心して暮らしていける環境なのかを、注意深く判断します。
もし、少しでも気になる点があったら、「里親候補さんに失礼だから」と遠慮せず、猫を連れ帰る決断も大切です。

(4)契約書、写真撮影
猫を譲渡する際には、必ず、注意点を文書化した「終生大切にする」旨の契約書を交わします。保護団体さんのホームページにあるものを参考にするといいかと思います。
また、受け渡す際に、猫を抱いた里親候補さんの写真を撮っておくことも里親詐欺を防ぐ抑止力になります。

(5)トライアル期間
猫をお届けしてから1週間~1か月間を、トライアル期間として設けます。
その間に、里親にふさわしくないと思われる行動が少しでもあったら、すぐに猫を連れて帰ることも必要です。

(6)正式譲渡
トライアル期間を無事に終え、「この人なら幸せにしてくれる」と確信したら、正式譲渡となります。
その後も、定期的に近況報告をしていただけるよう、約束しましょう。
また、正式譲渡のあとでも、何か問題があった場合は、契約を破棄し連れ帰る方が猫にとって幸せなこともあります。こまめな連絡を取り、ゆっくり信頼関係を築いていければよいと思います。

■里親詐欺について

とても残念なことですが、今の時代、里親詐欺というものが存在します。
虐待や飼育ネグレクト。皮革業者や動物実験を必要とする施設への転売を目的に、猫の里親に応募する人がいるのです。
どれだけ誠実な人に見えても、悲しいですが時には疑ってかかることが大切です。
急いで里親になりたがる人、複数の猫を引き受けたがる人、自宅を明かさない人などは、注意しましょう。



里親さん探しは、時には人間不信に陥るほど、神経をすり減らすことがあります。
だけど、信頼できる里親さんと出会えたとき、時がたっても、その子の状況を教えてもらえたとき、「託してよかったなあ」と、心からしあわせを感じます。
「猫親戚」が増えるような、やさしい出会いがあればと、祈ります。


里親を探すには_a0389088_18102649.jpg


イラスト・MARU
http://marucat.blog.jp
by sakiseri | 2016-12-31 15:26 | 猫のためにできること | Comments(0)

猫を保護したら?



お外で生きる猫たちは、一見、のびのびと自由に見えるかもしれません。
ですが、その猫たちを取り巻く環境は、快適なものばかりではないと、私たちはみつきと出会って知りました。
たとえば、虐待。他にも交通事故や、不衛生な食事や水不足による病気など、幸せなだけではない過酷な生活を送っています。

そこで、ご縁のある猫がいたら、保護することを視野に入れてもらえたら、こんなにうれしいことはありません。
一緒に家で暮らすことで、虐待や事故、感染症などの危険もない、安全な猫生がまっとうできるのではと願っています。

(1) 猫を保護したらすること

猫を保護したら、まずは動物病院に連れていきましょう。
病院では、次のようなことをしてもらえます。

? 健康状態の診断
パッと見では健康そうでも、ノミや寄生虫は、ほぼいます。また、感染症のウィルス検査も、時期を見て行うことができます。

? 予防接種
命に関わる病気の一部は、予防接種をすることで防げます。

? 飼い猫かどうかを調べる
野良猫のように見えても、マイクロチップなどが挿入されていた場合、飼われていることがあります。迷子猫の場合は、警察や愛護センターに届けを出しましょう。

(2) 家に連れてきたら

最初はケージ内で生活させるのがおすすめです。
突然広い空間に置くと、猫も落ち着かない可能性があるからです。
また、ケージの3面は布で覆うなどすると、猫も隠れることができ、安心できます。
先住猫がいる場合は、感染症の可能性がなくなるまで、接触は避けましょう。
接触させていく際も、先住猫にとって「この猫は、自分に危害を加えない」と思える距離が大切です。
少しずつ活動スペースを広げ、徐々にあたらしい環境に慣れていってもらいます。
最初は、鳴くこともありますが、しだいに落ち着きます。心配しすぎないよう、ゆっくり家族になっていきましょう。

・ごはん
子猫と成猫とでは、食べるものが違います。
すでに離乳済みかどうかを病院で確認し、年齢に合わせたウェットフードやドライフードを用意します。
まだ離乳していない子猫は、猫用のミルクが必要です。普段私たちが口にする牛乳は、下痢をすることがあるので、与えないでくださいね。

・トイレ
離乳前の子猫は、自分でトイレができません。おしりを、ぬらしたティッシュなどでとんとんと優しく刺激し、排尿、排便を促してあげてください。
生後一か月くらいで、自分でトイレができるようになるので、猫用のトイレや、それがない場合はダンボール箱や100円ショップなどに売られているA4書類ケースなどに、トイレ砂を入れます。
最初は失敗してしまうこともありますが、そのたび、トイレに連れて行くことで、徐々に覚えていってくれるので、気長にいきましょう。

・寝床
毛布やタオル、古着などをケージの中に入れておくことで、体温を下げずにすみますし、安心して眠ってくれる可能性があります。また、古着の匂いで環境や飼い主に慣れるのも早くなります。
特に子猫や病気の猫は保温が大切。湯たんぽやお湯を入れたペットボトルにタオルを巻いて、置いておいてあげてください。



新しい命を迎えることは、しあわせなだけではない、大変なことも多いかもしれません。
だけど、困ったこと、心配なことを、乗り越えて、本当の家族になれたとき、すべての苦しさは吹き飛びます。
あなたと、その猫が、しあわせな人生を送れますように。


猫を保護したら?_a0389088_18102603.jpg


イラスト・MARU
http://marucat.blog.jp
by sakiseri | 2016-12-31 15:25 | 猫のためにできること | Comments(0)